読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェオタ高校生の独り言

工業高校へ通うガジェオタの日記みたいなもの

文化祭の話

僕は今日人生初の文化祭だったわけだ、特に楽しく騒ぐみたいなのが無くて文化祭らしくなかった。

去年は別の行事で文化祭が潰されて落語鑑賞に(ふざけてやがる)

 

僕の思う文化祭

とにかく自由に教室とかカラフルにキラキラさせたりしょうもない企画をやったりステージイベントがあって体育館とかで集まってマサイ(ドルオタ用語)したり。こういうのが文化祭だと思っている。

でも何か違う。

何が違ったのか

まず生徒主体でない。

体育祭はほとんど教師陣は絡んでこないので応援練習とか完全に生徒だけであるし、生徒主体な感じになっている。でも文化祭は教師に指示されてやれることの範囲内で企画して運営している。予算は何円以内とか場所はこことかなんとなく決められているのだ。そして教室は貴重品管理と昼食場所になるので使えない。

 

企画に所属している科らしいものを入れろと言われる。

工業高校だから仕方ないのかもしれない。しかし、ここで既に教師からの制約が入っている。さらに3年生は課題研究展示がメインとなる。

課題研究とは大学の卒業研究みたいなものでいままで学んだ技術を活かしてなにか制作するというものだ。つまりこの制作物が展示されている。展示は別に良いのだが、それがメインというのもなんだか。

 

全体的に盛り上がりが無い

どこへ行っても基本笑い声もなく、何かの製作体験をしていたり展示物を見ているだけなのだ(ここは体験型テーマパークかと言いたくなった)

後は教室でポッキータワー作ってる人とかスマホいじってる人とか。

感想

結局どうだったのって話ですが、まぁ楽しくないとまでは言わない。とはいえ特に思い出に残るようなものでもなかった。オープニングはただの企画紹介だし、フィナーレはクオリティの低い吹奏楽部の演奏会(手拍子を求められても誰も応えないレベル)

別に批判はしないが思い出に残るものではなかった(大事なことなのでry)

ちなみに僕はIT系の科だ。課題研究展示にはOculusがあったりUnityアプリがあったりと、ここは面白かった(ガジェオタ感)

来年は一般公開する年で2日間開催するらしいのでそれに期待する。