読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェオタ高校生の独り言

工業高校へ通うガジェオタの日記みたいなもの

任天堂のスマホゲームのこと

モバイル ソフトウェア スマホアプリ

今日、マリオシリーズ初のスマホアプリであるSUPER MARIO RUNは12/15配信開始で一部無料であると発表された。

全モードプレイするには1200円の課金が必要になるという。

 

これはヒットするのか

僕はヒットしないと思う。

何故ならスマホゲームにしては高すぎるからだ。

スマホ有料ゲームでは基本的に高くても800円ほどだ。400円しか変わらないじゃないかと思うかもしれないがスマホゲーム業界では大きな差だ。

 

どうすべきなのか

3モードあるそうだが各モード300円ずつにするのが良いのではないかと思う。

1モードずつ課金出来れば一度の課金額も減り、より多くのプレイヤーが課金したいと思うようになる。そして、「このモード面白かったから違うモードもやりたい」という課金意欲を高めることも出来る。

 

まとめ

SUPER MARIO RUNはヒットしない作になるであろう。既に任天堂Miiverseで失敗している。再び失敗すれば任天堂内でのスマホゲーム本格参入計画が崩れてしまいかねない。プレイヤーとしても任天堂スマホゲームはクソだという固定観念を持ってしまいかねない。

どうぶつの森等もリリースすると発表しているが当初より延期されている。

 

果たして任天堂スマホゲーム業界で生き残るこっていくことが出来るのか…