読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェオタ高校生の独り言

工業高校へ通うガジェオタの日記みたいなもの

2016年のガジェット業界を振り返る

今日は大晦日ということで2016年のガジェットについて軽く振り返ろうと思う。

 

VR(Virtual Reality:仮想現実)

今年はVR元年とも言われOculusやViveがVR元年のスタートを飾り10月にはゲーム機用としてPSVRが発売され未だ在庫切れの続く商品になっている。

さらにはスマホ向けの簡易VR商品も多く発売され手軽にVR映像を楽しむことが出来るようになっている。

まだ本格的なVR機器は高価なものなのでなかなか一般には広まってはいないが来年には低価格が進んでいくだろう。

 

Project Ara

これは僕が今年一番期待していたプロジェクトだ。

当初2015年に予定していた試験販売が今年に延期されていた。5月のGoogle I/Oでは第四四半期には開発者版が発売されると発表したのだがコストが高すぎるため開発が難航し9月にプロジェクト中止が発表された。

自作PCのように好きなパーツを選んでスマホを作ることが出来るという画期的なプロジェクトだっただけにとても残念だ。

 

Galaxy Note 7

ガジェオタでなくてもこの名前を耳にしたことはあるだろう。

韓国最大の財閥でありGDPの約2割の売上を誇るサムスンスマホシリーズ、Galaxyの最新モデルである。

このスマホが発火するというトラブルが世界各地で報告され飛行機内での発火も起こしておりついには危険物認定され機内に持ち込めなくなった機種だ。

韓国最大の財閥なだけあって一機種でトラブルが起きただけでも大打撃となっていまいスマホ部門は赤字寸前な状態になったそうだ。

 

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)

まだあまり一般には普及してきていないがこれも今年かなり進展してきた。

IoTはドアや証明、動物等あらゆるモノをインターネットに接続し遠隔制御や自動制御、データ通信を行うようにするというものだ。

例えば、玄関のドアの鍵では物理的な鍵を無くしてスマホを使って解錠したり、エアコンではスマホの位置情報から帰宅時間を計算して帰宅時に快適な温度になっているようにするといったことが出来るようになるのだ。

インターネットに接続するのでハッキングされる可能性があるためなかなか普及はしていない。

 

まとめ

まだまだいろいろなガジェットが発表されたり発売されたりしていたが、特に印象に残っているものを載せた。

来年はどんなガジェットが出てくるのだろうか。

 

11月から始めたブログだったが、早速11月には100PVを突破し正直驚いていた。

1週間に1記事以上は書こうと頑張っているが、来年は受験生となり更新できない期間があるかもしれない。

読者登録してくれた方含め見てくれている皆様来年もよろしくお願いします。