ガジェオタ高校生の独り言

工業高校へ通うガジェオタの日記みたいなもの

FeliCaとNFC、つなぐHCE

おサイフケータイ。日本ではもう当たり前となっている素晴らしい機能だ。

これはドコモが開発した機能で登録商標となっている。そのため海外では展開されていない。

しかし電子マネーは海外でも普及し始めている。

 

FeliCaNFC

FeliCaとはSONYが開発した非接触ICカードによる通信技術のことだ。

代表的なものとしてEdySuicaがある。日本の電子マネーはほぼ全てFeliCaだ。

NFCとは(Near Field radio Communication:近距離無線通信)の略称である。

こちらは誰が商標を持っているというわけではなく、HDMIやUSBと同じように規格を定めているだけだ。

 

日本でしか使えないFeliCa

FeliCaは海外ではほとんど利用されていない。SONYの商標であり当初はSONYしか製造していなかったため普及させることが難しかった。

それに比べNFCは商標ではないため多くの半導体メーカーが製造しており世界規模で普及している。

 

互換性の問題

当初NFCFeliCaは全く互換性が無かったものの、規格を定めているNFCフォーラムにSONYも参加しているためFeliCaと互換性のあるNFC-Fが追加された。

しかし、これは通常のNFC規格であるA/Bとは違うため多くの海外製スマートフォン等には搭載されていない。ちなみに現在販売されているおサイフケータイ対応端末はほとんどがFeliCaではなくNFC-Fで対応している。

日本でもNFCは採用されており免許証やタスポ、住民基本台帳カードNFCとなっている。その理由はFeliCaよりもセキュリティ面で優位に立っているからだ。

 

NFCFeliCaに対応させるHCE

最近日本でも増えてきたSIMフリー端末の中には、NFC-A/Bを搭載しているがNFC-Fは無いというものが多い。GoogleのNexusもそうだ。先月日本でもサービスの始まったAndroidPayにEdyが対応しているが、開発元であるGoogleの端末では使えないという問題が発生してしまっている。

そこでHCE(Host-based Card Emulation)という新たな技術が開発された。

いままでは専用のセキュリティチップを使ってセキュリティを確保していたのだが、そのセキュリティシステムをCPUで処理することによってチップが無くても通信出来るようにするという技術だ。しかしこのセキュリティシステムは高度なため、スマホ用のCPUではなかなか大変な処理作業になる。そこでクラウド上にセキュリティシステムを構築して通信するということが主流になっている。

クラウド上に仮想カードを存在させているようなものである。このため端末にはNFC-A/Bのチップを載せるだけでNFC-F等にも対応できるようになる。

クラウド上との通信もしくはCPUでの演算処理が必要であるため電源を切った状態では使えなくなるが、そんな状態で使う人はほとんど居ないため実際には使う側は何も変わらず使うことが出来る。

ソフト側での対応で実装できるためコストダウンにもなり大きく注目されている。

 

NFCの未来

NFC-Fがあるため恐らくFeliCaが消えることは無い。しかしNFCが今後の主流となっていくであろう。

日本でもオリンピックに向けて一気に整備されていくであろう。海外の電子マネーの多くはNFC-A/Bであるが、日本では今のところFeliCaしか使われていない。それには事業者側の読み取り端末を変えなければならないことや、FeliCaよりもNFCの方がコストが高いという問題があるからだ。

しかし、オリンピックで来日する外国人が普段使っているNFC電子マネーに対応すれば日本での消費行動も増えるであろう。基本的に海外の電子マネーはVISA等クレジットカードの電子化といった形のものが多い。ApplePayもそうだ。ならば日本ではカードを使えば良いと思うかもしれないが財布を持たずにスマホだけで決済出来る利便性が「おもてなし」である。

SONYとしてはFeliCaを普及させたいようだがなかなか難しいものである。