読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェオタ高校生の独り言

工業高校へ通うガジェオタの日記みたいなもの

スマホとは思えない新型Xperia

SONYは2月27日にXperiaブランドの発表会を行った。

そこでは新たなスマートデバイスも発表されたがこの記事ではスマートフォンシリーズのXperiaについて書いていく。

 

Xperiaと言えばSONYスマートフォンシリーズとして有名だ。

しかし昨年からXperiaブランドをスマートフォンだけでなくソニーモバイルの出す製品全般をXperiaブランドにしていくようになった。

とはいえまだ他の製品は知名度が低くXperiaと言えばスマホというのが一般的であろう。

 

新機種は4種類

上から順に「Xperia XZ Premium」「Xperia XZs」「Xperia XA1 Ultra」「Xperia XA1」である。

販売価格や販売地域、発売日はまだ発表されていない。

最上位機種のXperia XZ Premiumはかなりの高性能機種になっているようだ。

 

スマホとは思えない性能

最上位機種であるXperia XZ Premiumはとにかく凄い。

全般的に見ればスマホ史上最大と言っても過言ではない性能だ。

Xperiaと言えばカメラである。SONYのカメラモジュールはiPhoneにも採用されている。他社製でもほとんどのスマホSONY製のカメラモジュールが搭載されている。SONYはカメラにこだわっているので各社に採用されているのだ。

今回は新規開発されたメモリー積層型CMOSイメージセンサが搭載されたのだがこれは簡単に言うと撮影に使うための領域を広くしたということになるのだが、無駄な部品を省きそのスペースにもカメラ領域を詰め込むことで今までと同じ大きさで性能アップをしたというわけである。

ちなみメモリは4GBでストレージは64GBである。

 

1900万画素

これは最上位機種のカメラの有効画素数だ。

実は画素数だけで見るとXAシリーズは2300万画素であり劣っているように見える。

しかし、4K画質というのは800万画素あれば足りてしまうのだ。画素数を増やすことでより細かな表現をすることは出来るのだがその分それに対応するセンサーが必要になってくる。今回はセンサー性能が上がったので1900万画素でも今までのように、もしくはそれ以上に綺麗な写真や映像が撮れるようになったというわけだ。ちなみにXAシリーズには新型センサーは搭載していない。

 

4K対応

急速に発達してきている4K市場。4Kテレビがあるという家庭もかなり増えてきているであろう。Xperiaは過去にカメラ、ディスプレイ共に4K対応を何度かしておりその性能は確かなものだ。対応しなかった機種もあるが、それはまだ市場が追いついておらず早すぎる導入になったということが理由であろう。

今回は最上位機種でディスプレイが4K HDRに対応している。HDRとはハイダイナミックレンジのことだが普通の4Kに比べてさらに鮮やかなディスプレイというわけだ。

カメラについてはXZ Premium、XZs共に4K対応だ。

 

スーパースローモーション

新型CMOSセンサーを使用したカメラユニットは「Motion Eye」と呼ばれXZ PremiumとXZsに搭載されている。このユニットは4K対応はもちろんのこと960fpsという超高速撮影に対応している。960fpsとは1秒間に960枚の画像が撮れるという意味になるが写真ではなく動画についての話である。実際こんな高速連写画像を撮っても意味が無い。

動画も画像の集まりであり今は60fpsが主流になりつつある。しかしこれは通常動画のことで、960fpsというのはスローモーションのことである。通常動画も撮れるが、それを再生出来るディスプレイがこの世に存在しない。現状240fpsが限界だ。人間の目で認識できる映像の最低が0.013秒という研究結果が出ている。これは約80fpsである。960fpsの通常速度では人間は80fpsに変換して見てしまうということだ。

60fpsでもスロー再生は可能だ。この場合速度を1/2すると動画の長さは2倍になり30fpsの動画となる。fpsが下がると動画は滑らかでなくなっていく。次第に画像のスライドショーのようになっていくのだ。960fpsであれば1/16の速度でも60fpsの動画となる。

ちなみにホバリングする鳥として有名なカワセミは1秒間に100回羽ばたいていると言われている。つまり100fpsで羽が静止した状態が撮れる。960fpsならそんなカワセミの羽ばたきも動いた状態でブレること無く普通の鳥のように撮影出来るのだ。

 

高速通信

現在スマートフォンの通信で主力となっているのが4Gである。最大100Mbpsの通信速度を出すことが出来る。そして現在東京オリンピックまでの普及を目指して開発中なのが5Gだ。これは10Gbps以上の超高速通信を可能とする。この5GにXZ Premiumは対応した。

最大1Gbpsまで対応しているQualcommのSnapdragon835という最新プロセッサを搭載しているからだ。

5Gは現在各社が開発を進めているが、ドコモは今年5月以降に東京で一般向けに実証実験を開始すると発表している。恐らくXZ Premiumもこの実験で使用出来るようになるだろう。

 

まとめ

まだ発売日などは発表されていないが今までの流れからして国内主要3キャリアで販売されるのはXZ PremiumとXZsだけであろう。

XZsはドコモしか取り扱わないと思われる。

XAシリーズはMVNO業者が取り扱うかもしれない。

発売は5月ではないかというリーク情報も出ているが夏までには発売されるであろう。

続報に期待している。