ガジェオタ高校生の独り言

工業高校へ通うガジェオタの日記みたいなもの

ビットコインは決済手段へ変わるのか

先日ビックカメラなどがビットコインでの決済に対応するという発表があった。

ビットコインは数年前のマウントゴックス破産事件で一気に知名度の上がった通貨である。

 

ビットコインとは仮想通貨、つまり現実世界に実在しない通貨である。

サトシ・ナカモトと名乗る人物が2008年に発表した論文から始まり今に至っている。ナカモト氏については日本人もしくは日系人であろうというのが有力だが、ネット上からも姿を消しておりその正体は誰も分かっていない。もちろん生みの親であるためとんでもない額のビットコイン保有しているとされ、運用開始当時より価値が恐ろしいほど上がっているため、公の場に出てしまっては身の危険が大きすぎるため出てこないのであろう。

 

ビットコインの入手法

はじめビットコインは採掘をすることによって手に入れるのが基本であった。

採掘とは言っても何かを実際に掘るわけではなく、ビットコインの取引記録を管理するための場所へ記録をつなげるためのキーを見つける作業のことだ。このキーが無いとその取引は正当な取引として認められないため、価値が付かない。そうしてキーを見つけた者に報酬として一定のビットコインが送られる。キーを見つけるには複雑な計算をする必要があるため、そのほとんどは専用コンピュータで行われている。

手計算でも出来るのだが市場が大きく発展した現在では専用コンピュータでないと追いつかなくなっている。

簡単にまとめるとこれは競争であり、いち早くキーを見つけた人に報酬として決められた額のビットコインを送るということだ。

この採掘はもはや一般人では手に負えない程高速になっているため、現在入手法として主流になっているのは取引所での他の通貨との交換である。

 

ビットコインのメリット

ビットコインは現実世界に実在しないため紙幣などのように燃えて無くなったり、劣化していくといったことはあり得ない。このため価値が存在する限り永遠に有効な通貨なのである。

ビットコインは暗号化されており実在しないため現金のように銀行等で保護する必要もない。ビットコインは全て所有者のウォレットと呼ばれる仮想口座に入っている。いわばその所有者一人ひとりが銀行であり、自分でしっかりと管理していれば手数料などもかからず保管することが出来る。

 

ビットコインのデメリット

現実に存在しないことによって生じるデメリットもある。日本円などは現実に存在しており、硬貨は金属としての価値もあるため日本円の信用が無くなっても金属としての価値は保証される。しかしビットコインでは、価値がゼロになったらその時点でただのデータとなるため誰も助けてくれないのだ。

永遠に有効とは言ってもそれはウォレット上でのことであって現金のように相続することは出来ない。もちろんウォレットのパスワード等全てを知っていれば相続出来るが不慮の事故などではそれは不可能である。

 

発行数は決まっている

ビットコインは現在10分間に12.5BTCの速度で発行されており、総発行数が2100万BTCに到達したらそこで発行が終了するようにプログラムされている。4年毎に発行速度が半減していくため、全て発行終了するのは2140年となっている。

もちろん誰かが途中でプログラミングを変えればこの決まりは無くなる。この先どうなるかは誰にも分からない。

 

ついに始まる仮想通貨の時代

今年4月1日に施行された改正資金決済法では仮想通貨に対する規則などが定められたため、国による監視が始まった。これは通貨としてではなく資産として定められたため、株券等と同じような扱いになる。仮想通貨の特徴である自己管理という点は変わらない。

これを受けて、ビックカメラリクルートビットコイン決済の対応を始めることになったのだ。リクルートは26万店に導入すると発表しているため、リクルートの決済代行サービスのAirペイに追加するということだ。

 

仮想通貨の未来

ビットコイン以外にも仮想通貨はいくつかある。仮想通貨の中で飛び抜けて価値が上がっているのがビットコインであり、それによって注目もされている。今後他の通貨も価値を上げてきて普及してくるかもしれない。

実は僕も最近仮想通貨の採掘を始めた。モナーコインという日本発祥の仮想通貨だ。

まだ採掘人口が少ないため、僕のPCのスペックでも充分採掘出来る。PCを使用していない時間でたまに採掘プログラムを動かしている程度なのでまだ20MONAしか所有していない。現在1MONAが6円程度のため120円分だ。今後ビットコインのように大幅に価値が上がれば働かずに生きていけるかもしれない。そんな夢を見てたまに採掘している。

 

恐らく仮想通貨は数年で定着するであろう。電子マネーのように当たり前の決済手段へと変わると思っている。

その時にはモナーコインもどうか対応を…